1988年(昭和63年)の懸賞情報 不二家キャンディ「ペコちゃんグッズプレゼント」

前回まで、1990年代の私の当選品をご紹介しましたが、今回からちょと・・・いや、おそろしいほどなつかしい昔の懸賞をご紹介していきます

当選賞品が今の時代とは少し違うのも必見です!

 

スポンサーリンク

 

年代によっては、なつかしい!覚えてる!という懸賞情報もあると思いますが、こちらを見に来てくださっている方の中には、この時代、まだ産まれていないわ・・・という方もいらっしゃるかもしれません・・・

 

今回は懸賞マニアの方、そうではない方でも、色々な世代の方がなつかしく感じたり、レトロで古さの中にも新鮮さを感じて楽しんで頂けたら嬉しいです。

 

これからしばらくの間、昔のなつかしい懸賞情報をご紹介していくわけですが、ただ一つ注意点があります

それは・・・

決して、応募をしないでください!!

何といっても、数十年前にキャンペーンが終わっていますので・・・

 

では記念の第1回目です。
今から32年前の1988年の懸賞プレゼントキャンペーンです。

キャッチフレーズは「いい時、いい味、いい会話」不二家キャンディ。

 

スポンサーリンク

 

1988年(昭和63年)

不二家キャンディ「ペコちゃんグッズプレゼント」 

(参考元:不二家キャンディ「ペコちゃんグッズプレゼント」)

 

キャンペーン詳細

☆対象商品

不二家またはマッキントッシュのキャンディの袋(箱)

向かって左から3番目、4番目の、ソフトエクレアやノースキャロライナはよく友達からもらって食べていました。
マッキントッシュのキャンディは覚えていません。

☆応募方法

不二家またはマッキントッシュのキャンディの袋(箱)裏面のマークを切り取ってハガキに貼るか、または、空袋(空箱)を封筒に入れて応募。
マーク・空袋(空箱)300円分1口

☆当選賞品 

☆当選人数

毎回12100名様、合計36300名様

☆応募締切(32年前に終了しています)

第1回 昭和63年3月31日(木)
第2回 昭和63年4月30日(土)
第3回 昭和63年5月31日(火)

 

スポンサーリンク

 

1988年(昭和63年)不二家キャンディ「ペコちゃんグッズプレゼント」について一言

なつかしさで泣きそうでした。
今とまったく変わらず、かわいらしいキャラクター。
そうだ、32年前、そしてその前からペコちゃんがいたのだ!

 

・1950年 – マスコットキャラクター「ペコちゃん」制定(翌年には「ポコちゃん」も制定)
・2020年11月 – 創業110年・ペコちゃん生誕70年(予定)。

参考元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E4%BA%8C%E5%AE%B6

不二家とペコちゃんの歴史は長いです。
変わらず愛されているお菓子で、今でもプレゼントキャンペーンが実施されているのも本当にすごいことだと思います。

1988年(昭和63年)当時のキャンペーンでは、ペコちゃんグッズは大量当選で、今でも欲しい魅力的な賞品になっています。
各賞(A~Cコース)それぞれ合計2100名様ずつ、抽選からもれた方の中からさらにゴールドメタルキーホルダーが合計3万名様に当たる素晴らしい内容でした。

 

スポンサーリンク

 

ペコちゃんグッズの当選品をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
私も平成のキャンペーンですが、当選したペコちゃんグッズは何点か持っています。
飾っているだけで癒されます。

また、オークションや、リサイクルショップでもよく見かけます。
結構高い値段が付いていますが、それほど人気があるのだと思います。

出典:https://www.fujiya-peko.co.jp/pekofes2020/

2020年、現在は70周年記念ペコちゃん人形が当たるキャンペーン実施中です。

70周年!
さあ!応募しましょうか。(まだレシートを作っていなかったので、作らなくては)

 

古い昔の懸賞情報はこれからも続きます。
よろしければ、時々見に来てください。(時々更新のため・・・)

 

懸賞情報です

☆不二家 ペコちゃんオリジナルグッズを当てよう♪第2弾1st No.1衣装を決めよう!ペコちゃん人形プレゼントキャンペーン

応募締切 2020年8月16日(日)当日消印有効

☆不二家 ご当地カントリーマアムで旅気分キャンペーン

最終応募締切 2020年9月14日(月)