ダイソー「ガーゼタオル」を購入しました

先日、ダイソーへ行ってみました(短時間)

ある商品の前で、お客さんが数人入れ替わりで見ていました。

何だろう?と遠くから見ていましたが、お客さんがいなくなったので
見に行ってみるとこちらでした。

 

↓ガーゼタオル

かわいいイラスト付きの物もあります。

↓すぐそばに平ゴム

↓ソフトゴム、あごひも

↓手作りマスクの見本もありました。
黒いゴムがアクセントになり素敵でした。

 

スポンサーリンク

 

↓自宅にある使い捨てマスクもそろそろ無くなるので、ここは 自分でマスクを作るしかない! とガーゼタオルを買うことにしました。

ゴムは家にあるものを使います。

↓広げました。
目安にシャープペンを置いています。

(店舗によって商品が無い場合がありますので、店員さんにお尋ね下さい)

 

マスクにもよりますが、数枚は作れそうです。

と言っても私自身、お裁縫は大の苦手で作る前から不安が大きいです。

ミシンを出してくるのもハードルが高い・・・
いや、がんばろう・・・
縫い目は気にしない(心の声)

 

時々手作りのマスクをつけていらっしゃる方を見かけますが、
白以外の、模様やイラストつきなど様々な布で作られていて本当におしゃれだな!
と思います。

昭和世代の私はマスクは白!!と思っていましたが、自分で選んだ布で
作った手作りマスクは素晴らしいと思います。

まずは今回買ってきたガーゼタオルで作ってみます。
ちゃんと作れるようになったら家族にも作らなければなりません。
(どんなに嫌がられても、マスクが無いよりはいいのです)

 

スポンサーリンク

 

↓入学の際、学校から頂いた手作りマスクです。

保護者や地域の方が作って下さったそうです。
ありがとうございます。

手作りマスクの参考にもさせて頂きます。

 

マスクの型紙・作り方について

生地・毛糸・手芸材料の専門店「新宿オカダヤ」さんのホームページで 紹介して下さっています。

条件を満たしていれば、許可なく掲載していただいて構いません
とのことですので、使用させて頂きます。ありがとうございます。

プリーツタイプや立体タイプなど、さまざまな形状の布マスクの作り方や型紙を掲載しています。

こちらです⇒「新宿オカダヤ」

参照元:「新宿オカダヤ」

 

    ガーゼマスクの利用・洗濯方法  

厚生労働省医政局経済課

<ガーゼマスクの利用・洗濯方法>(今回、配布する布製マスクのメーカーからの情報をまとめたもの)
【ガーゼマスクの洗い方】
1.衣料用洗剤で、もみ洗いではなく、軽く押し洗いしてください。
2.十分なすすぎをしてください。
3.乾燥機は使わず、陰干しで自然乾燥してください。
【洗濯回数】
1.洗濯により縮みますが、複数回の再利用については品質上問題ないことを確認しております。
2.一日一回の洗濯の頻度を推奨しており、汚れがつきましたら、その都度洗濯してください。
【漂白剤、柔軟剤の使用について】
1.汚れが気になる場合は、塩素系漂白剤を使い、においがなくなるまで十分なすすぎをしてください。
2.柔軟剤の使用は避けてください。

引用:https://www.mhlw.go.jp/content/000613321.pdf

スポンサーリンク